運転免許の取得するまでの流れと方法を理解しましょう!

効率良く取得する運転免許と勉強方法

運転免許を取るには、2つの方法があります。
一つは運転免許試験場に直接試験を受けに行く方法。もう一つは、自動車学校を選んで入校して試験を受ける方法です。運転経験のない人は自動車学校を利用したほうが確実です。

自動車学校に入校すると、まずは運転に対する適正検査を受け、模擬運転の教習を受けます。
この段階で、交通ルール、運転方法、道路標識など、自動車運転の基礎を学びます。次に、教習所内を走って車の発信と停止、駐車の仕方、踏切の渡り方、S字カーブの走り方、坂道発進など、運転技術を中心に学びます。

マニュアル車とオートマ車では、教習時間が異なり、マニュアル車のほうが技能教習時間が多くなっています。そして、学科、技能、模擬試験があります。これに合格すると第一段階クリアし、第二段階へ進むことができます。
第二段階は修了検定、いわゆる仮免許試験です。技能試験(合格点70点以上)と学科試験(合格点90点以上)に分かれており、全て教習所で行われます。
合格すると公安委員会から仮免許証が発行されます。仮免許は、6か月有効です。もし、検定し失敗した場合は1時間以上の技能教習を受けて再試験を受けることになります。仮免許取得後は、いよいよ、路上教習です。

路上教習では、交通ルールを守りながら一般に走る車に合わせて運転します。その中で、危険を予測・判断する力や自主的に運転する力、高速道路での運転方法を学びます。
教習所内とは違い、イレギュラーなことが多々起こります。しっかり経験を積むことが必要です。第二段階効果測定に合格すると、卒業検定にすすみます。今まで教習を受けたことの総おさらいです。
方向転換・縦列駐車、自主経路(スタートとゴールの間を自分で経路を決めて行く)、高速走行を行います。これに合格すると、卒業証明書をもらい、自動車学校通いも終わります。

もし、卒業検定に失敗した場合は、最低2時間以上の補習教習を受けた後、再び卒業検定を受けることになります。
そして最後に、学科試験を受けに公安委員会の試験場に行きます。試験を受ける前にいくつか手続きが必要なので、早めに行くことをおすすめします。
必要書類の記載が終わったら、適正検査を受け、学科試験となります。収入印紙を購入し、窓口に必要な書類を全て出します。試験が終わると、しばらく待たされ、合格発表されます。 合格すると免許証用の写真を撮り、運転免許が即日発行されます。

このように運転免許を取得するには、一般的には自動車学校に通い学科と実技の講習と試験を終え、公安委員会の試験場に行き適性検査と学科試験を受ける流れとなります。
ここまで来たら誰でも一発で合格したいと思うはずです。その為には運転免許の試験問題サイトを使って苦手な問題を何度も復習するのがオススメです。
効率良く勉強するには一番効率の良い方法なので、是非お試ししてください!